アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし

特種用途自動車

各種工事や施設整備などの際に使用される特種用途自動車。ラフタークレーンなどのクレーン車や高所作業車、その他用途や機能が通常の車両と一線を画す特別なものを総じてこのように呼びます。その種類は多岐に渡るため、運転や公道を走行する際の規定もさまざまに設けられています。

ラフタークレーンや高所作業車を例に取ると、ラフタークレーンは移動式クレーン車の中でも比較的小型のものであり、運転をする際には移動式クレーン運転士の免許が必要です。公道を走行する際は、吊り上げ重量5t以上の大型のものに関しては特別車両通行許可証を必要とする車両です。

高所作業車は、運転する際にその車両の規模に合わせた運転免許に加え、高所作業車運転者の講習を修了していることが条件とされています。公道を走ることが認められているものは、いわゆるトラック式と呼ばれる高所作業車のみであり、それ以外は工場や倉庫、大型施設などの敷地内のみとなっています。

ラフタークレーンなどのクレーン車や高所作業車のような規模の大きい特種用途自動車は、私たちの街にあるさまざまな建物、設備等を建設したり設置したり、きちんと整備をしたりといった用途に大活躍するものです。これらの車両のおかけで街の形成は成り立っており、大きな功績を残していることに間違いないのです。

OUT LINK

高所作業車のレンタルを依頼するならこちらで最適な業者を紹介してもらいましょう!日本全国対応でいつでも問い合わせできますよ!
工事等で高所作業をする際に必要になる作業車はレンタルすることが出来ます。一度きりに工事等で使用する際にはとっても便利ですよね。